ボトックス効果を体感する方法【クリニック選びが重要】

サイトメニュー

薬剤の量が重要

顔に触れる女性

かかりつけ医を決める

ボトックスを使う時には作用を出す面積が小さければ使う薬剤の量も少なくなります。薬の効きやすさには個人差があるので、初めて使う時には少なめの量から開始しますが、量が少ないと持続期間も短くなるという特徴があります。そのためどれくらいの量を使うと、どの程度の効果がでるのかを自分でもチェックするようにしておくと次の施術を受ける時に参考にすることができます。もしも思ったよりも早く効果がなくなってしまった時には、そのことを担当医に伝えておけば、注入量を増やしてもらえます。しかし注意をしておきたいことは、注入量が多すぎると作用が強く出過ぎて副作用がでる危険が大きくなるということです。場合によっては目が開けにくいなど生活に支障をきたすこともあるので、量が多くなり過ぎないように注意しなくてはいけません。まれに薬が強く効き過ぎる体質の人もいるので、医師が予想した以上に作用が強くなったり、作用期間が長くなったりする時には少なめにしてもらうほうが安心です。他の人と同時に受ける機会があれば、比較しやすくなるので情報交換をするのもおすすめです。個人差があると言うことと、同じ人でもボトックスを使う場所によって効果の出方に違いがあるということを覚えておきましょう。ボトックス治療を受ける時に受診するクリニックは美容外科や美容皮膚科などの美容系のクリニックが中心となります。もともとボトックスは筋肉が不随意に動いてしまう病気の治療に用いられていたので一般の病院でも使われていますが、美容目的の場合には一般の病院では治療が受けられません。美容系のクリニックであればほとんどの場所でボトックスを取り扱っていますが、お試しコースを設けているところが多く初回は安い価格で施術を受けられることが多いでしょう。もしも、クリニックを何処にするか迷っている場合にはお試しコースを利用していくつかのクリニックを体験してみると自分に合った場所が見つかるはずです。この施術は何度も治療を受けることが多いので、自分に合った効果を出してくれるかかりつけのクリニックを決めておくことをおすすめします。自分の体質などを知っていてくれる担当医がいれば安心して施術を受けることができるでしょう。アレルギーの有無などだけでなく、ボトックスの効きやすさなども医師が把握していてくれれば不必要な副作用を起こす危険が少なくなります。効果が強く出過ぎたり、弱過ぎたりすることがなく治療をすすめていくことができればストレスなくボトックスを続けることができるでしょう。