ボトックス効果を体感する方法【クリニック選びが重要】

サイトメニュー

理想に近づくために

カウンセリング

注入部位ごとに異なる変化

ボトックスは様々な場所に利用されています。痙攣や多汗症などの治療にも使われている安全性の高い成分ですが、美容外科でも美容目的でボトックスが使用されるようになりました。注入する場所によって目的が異なるということを頭に入れておきましょう。まず基本的な知識としてボトックスには筋肉に直接作用する効果が期待できます。どのように作用するのかと言いますと、筋肉を弛緩させる役割があります。その効能によって様々な美容効果を得ることが出来るという訳です。筋肉の収縮が原因で起こる衝撃を阻害することが可能になりますので、例えば表情筋などの動きが原因で生じているしわなどに関してはボトックスを注入することによって緩和させることが出来ます。継続期間につきましては一度注入すれば半永久的という訳にはいきません。大体3か月から4か月程度経ったあたりから効果が薄れてきますので、状態維持のためには定期的に注入する必要が生じるのです。しわ以外にも筋肉の発達が原因で輪郭が膨張している方にはエラに注入することで小顔効果が期待できますし、筋肉太りで足ががっしり見えるタイプの方は足痩せにも効き目があります。目的に合わせて色々な効果を得ることが出来るのも特徴の一つでしょう。ボトックスを注入する上で気を付けなければならないことがいくつかあります。ボトックスには筋肉を弛緩させる役割がありますので、過度に注入することによって筋肉が動かしにくくなることもあります。医師の診断のもと、適量を注入していれば全く問題ありません。メンテナンスを行う際には決まった美容外科で行うことをおすすめします。その理由としては美容外科によって使用しているボトックスの種類が異なります。種類が異なるということは効果にも差が現れますし、身体に合う合わないもありますので、自分の体質に合ったものを継続して使用するようにしましょう。しっかりとメンテナンスを行うことによって身体への定着率も上がってきます。また、部位によって定着率や効果も異なりますし、個人差もありますので様子を見ながら再注入するようにしてください。美容外科でボトックスを扱っていないクリニックはないというくらい主流になっている治療方法の一つでもありますが、クリニック選びを行う時には評判の良いクリニックを選びましょう。その際に口コミ情報などを参考にしてみると良いかもしれません。実際に美容外科に足を運んでカウンセリングを受けてから施術を行うかどうかを決めていたほうが安心です。