ボトックス効果を体感する方法【クリニック選びが重要】

サイトメニュー

美容目的で受ける場合

注射器

現れる変化とは

美容外科では様々な施術を受けることが出来ますが、最近では切開せずに行うようなプチ整形の種類も増えてきました。その中の一つとしてボトックスがあります。ボトックスには筋肉を弛緩させる効果がありますので、その作用を利用して美容整形にも用いられるようになりました。安全性が高く、施術も注入するだけで完了するので時間をかけずに行える施術としても人気を呼んでいます。まずはその効果について理解しておきましょう。顔のしわに注入することによって筋肉が緩んでへこみがなくなりますので若返り効果が期待できます。このときに注意したいのがしわの種類です。皮膚のたるみなどが原因で生じたしわに関してはボトックスではなくヒアルロン酸が有効です。水分量を挙げることによって潤いやハリを復活させることが出来るからです。ボトックスに効くのは筋肉が原因のしわに関してです。若返り以外の効果としては小顔や痩身です。筋肉を弛緩させることは筋肉自体を細くすることもできます。従って、発達した筋肉を細くすることが可能になりますので、咬筋部分に注入すれば小顔が実現します。また、ふくらはぎの筋肉に注入すれば足痩せも可能です。注入する場所によって得られる変化が異なるのも特徴のひとつです。美容目的でボトックスを注入する場合は状態維持のために定期的にメンテナンスする必要があります。ボトックスは注入してから約三か月から半年程度で徐々に効果が失われていきます。時間が経つと元の状態に戻ると考えて良いでしょう。筋肉に一時的に作用するものでありますから、筋肉を動かすことによって徐々に効果が失われていくということを理解しておきましょう。個人差もありますが、小顔や痩身目的で行う場合は複数回注入を繰り返すことによって定着率が高まりますので半永久的に持続することもあります。体質などにもよりますので基本的にはメンテナンスが必須だと考えておいてください。美容外科によっては初回キャンペーン料金で格安で行えるケースもありますが、メンテナンスを考えると二回目以降の料金も考慮した上で美容外科を選んでください。初回が安かったとしても二回目以降の料金が高いとメンテナンスするのにも金銭的負担が重くのしかかってきます。メンテナンスをするとしたら同じ美容外科で施術を受けましょう。ボトックスの種類によっても効果や持続性が異なります。メンテナンスの頻度も医師と相談しながら指示に従って行ってください。過度に注入しすぎないように注意しましょう。